\ 関門発の音声SA /
関門ONAIR
ページが横に動きます

404 NOT FOUND

お探しのページは
見当たりませんでした。

過去のON AIR

関門ON AIRナビ

NEWS

#NEXT ON AIR #下関 #北九州 #歴史

【日本遺産】若松編オープニングトーク

Kanmon ON AIR Commemorative recording.

DATE7/6 WED
TIME08:00 ~ 08:30

#のっぽさんへのリクエスト
#壇ノ浦のこともっとおしえて
#聞いて欲しいこと

CONTACT

お便りはこちら


CONTACT

関門橋トリビアに続き、voicyにて4回に渡ってお届けした『関門トンネルトリビア』

関門橋同様、その建設秘話や内部の構造など、関門トンネルの知られざる逸話に驚いたリスナーの方も多いのではないでしょうか。

こちらも音声では伝わりにくかった部分を補足すべく、写真と文字でさらにくわしくお伝えします!

ぜひ、voicyでの放送と併せて、お楽しみください。

関門トンネルの謎を解く!

関門トンネルは、世界初の本格的な海底トンネル。いつも当たり前に通っていますが、ふと「海水があふれてきたりしないのかな?」「こんなに長いトンネルでどうやって空気が循環してるんだろう」と不思議に思ったことがあるのではないでしょうか。

そんな疑問を払拭するため、関門トンネルの内部に潜入し、その仕組みを実際に見せていただきました!

門司と下関を結んで3925メートルもの長さが横に伸びている関門トンネルには、実は縦方向にもいくつか坑道があります。

それが、立坑と呼ばれるもの。排気ガスが充満しないように換気をするためのもので、トンネル内の空気を綺麗に保ってくれている設備です。

ちなみにトンネル内の汚れた空気は、集じん機設備によってきちんと綺麗にしてから排出されています。

人道トンネルはジョギングやウォーキングに利用される方も多いですが、それを可能にしているのも、この換気設備のおかげ!確かに、空気が汚れていればとてもそんなことはできません。常時、大量に新鮮な空気がトンネル内に送り込まれている、それを可能にする技術があるからこそなんです。

そしてもう一つ、水抜き立坑という坑道もあります。こちらは染み出してくる海水や地下水を、外に排出するためのもの。

水を汲み上げるためのポンプがあるのは、地下67メートルの場所。まるで洞窟のような地下道を通って、ポンプのある場所まで向かいます。天井が低く狭い坑道を身をかがめながらかなりの距離を歩く必要があり、これを点検や作業の度に通ると考えるとかなり大変。。このように日々私たちの見えないところで、点検をしてくださっている人たちのおかげで安全に走行することができているんですね。

ポンプが稼働しないと、1時間から2時間ほどで浸水してしまうという関門トンネル。それもそのはず、なんと一日に4800トンもの水が排出されているんです。その量、25メートルプール16杯分!

水はおよそ20分に一度外に排出されていますが、実は下関側にはその水が蛇口から出て自由に持ち帰ることができます。海水なので、トラックで魚を運ぶ際などに活用されているそうです。

ちなみに立坑の坑道は関門トンネルの車道とも繋がっており、緊急時には避難路になるそう。ですが、トンネルが開通してから60年以上の間、一度も避難路として利用されたことはないとのこと!それだけ、関門トンネルが安全に守られている、ということですね。

戦中の物不足や人不足にもめげず、技術的な挑戦を繰り返し、未来のために強い意志で世界初の海底トンネルを完成させた先人たち。そしてそれを受け継ぎ、今も安全で安心な環境を守ってくれている人たちのおかげで、関門トンネルを快適に利用することができていると知ることができました。そして通行料を払うことで、自分もその維持に関わっているというのは、とても光栄なことだと思います。

 

関門トンネルがなければ行けなかった場所、出会えなかった人やものがある。当たり前に通っていた道が、関門トンネルの成り立ちを知ったおかげで、ありがたいものに変わりました。

自分が何かに出会うためにトンネルを利用することが、また誰かの出会いに貢献するのかもしれない。先人たちが命を燃やしてつくり上げ、それを守る人がいて、さらに私たちが後世に引き継いでいく。関門トンネルはまさに、未来へと続くトンネルなのだと思います。

「関門ON AIRナビ」は、放送で取り上げた地域の旬なものや地元の人だけが知っているようなことを紹介するウェブマガジンです。さあ、新しい体験の旅に出かけましょう!

関門ON AIRナビ

移動で役立つ旅マガジン


過去のON AIR

Past ON AIR


関門トンネルの快適な通行を可能にする技術と努力に迫る

関門橋トリビアに続き、voicyにて4回に渡ってお届けした『関門トンネルトリビア』

関門橋同様、その建設秘話や内部の構造など、関門トンネルの知られざる逸話に驚いたリスナーの方も多いのではないでしょうか。

こちらも音声では伝わりにくかった部分を補足すべく、写真と文字でさらにくわしくお伝えします!

ぜひ、voicyでの放送と併せて、お楽しみください。

関門トンネルの謎を解く!

関門トンネルは、世界初の本格的な海底トンネル。いつも当たり前に通っていますが、ふと「海水があふれてきたりしないのかな?」「こんなに長いトンネルでどうやって空気が循環してるんだろう」と不思議に思ったことがあるのではないでしょうか。

そんな疑問を払拭するため、関門トンネルの内部に潜入し、その仕組みを実際に見せていただきました!

門司と下関を結んで3925メートルもの長さが横に伸びている関門トンネルには、実は縦方向にもいくつか坑道があります。

それが、立坑と呼ばれるもの。排気ガスが充満しないように換気をするためのもので、トンネル内の空気を綺麗に保ってくれている設備です。

ちなみにトンネル内の汚れた空気は、集じん機設備によってきちんと綺麗にしてから排出されています。

人道トンネルはジョギングやウォーキングに利用される方も多いですが、それを可能にしているのも、この換気設備のおかげ!確かに、空気が汚れていればとてもそんなことはできません。常時、大量に新鮮な空気がトンネル内に送り込まれている、それを可能にする技術があるからこそなんです。

そしてもう一つ、水抜き立坑という坑道もあります。こちらは染み出してくる海水や地下水を、外に排出するためのもの。

水を汲み上げるためのポンプがあるのは、地下67メートルの場所。まるで洞窟のような地下道を通って、ポンプのある場所まで向かいます。天井が低く狭い坑道を身をかがめながらかなりの距離を歩く必要があり、これを点検や作業の度に通ると考えるとかなり大変。。このように日々私たちの見えないところで、点検をしてくださっている人たちのおかげで安全に走行することができているんですね。

ポンプが稼働しないと、1時間から2時間ほどで浸水してしまうという関門トンネル。それもそのはず、なんと一日に4800トンもの水が排出されているんです。その量、25メートルプール16杯分!

水はおよそ20分に一度外に排出されていますが、実は下関側にはその水が蛇口から出て自由に持ち帰ることができます。海水なので、トラックで魚を運ぶ際などに活用されているそうです。

ちなみに立坑の坑道は関門トンネルの車道とも繋がっており、緊急時には避難路になるそう。ですが、トンネルが開通してから60年以上の間、一度も避難路として利用されたことはないとのこと!それだけ、関門トンネルが安全に守られている、ということですね。

戦中の物不足や人不足にもめげず、技術的な挑戦を繰り返し、未来のために強い意志で世界初の海底トンネルを完成させた先人たち。そしてそれを受け継ぎ、今も安全で安心な環境を守ってくれている人たちのおかげで、関門トンネルを快適に利用することができていると知ることができました。そして通行料を払うことで、自分もその維持に関わっているというのは、とても光栄なことだと思います。

 

関門トンネルがなければ行けなかった場所、出会えなかった人やものがある。当たり前に通っていた道が、関門トンネルの成り立ちを知ったおかげで、ありがたいものに変わりました。

自分が何かに出会うためにトンネルを利用することが、また誰かの出会いに貢献するのかもしれない。先人たちが命を燃やしてつくり上げ、それを守る人がいて、さらに私たちが後世に引き継いでいく。関門トンネルはまさに、未来へと続くトンネルなのだと思います。

地上140メートル!ロケットにも耐えうる関門橋の強さの秘密

voicyで昨年12月に放送された『関門橋トリビア』の回。ふだん何気なく通ったり眺めたりしている関門橋が、まさかそんな風につくられたなんて!?と、かなりの反響をいただきました。

(ロケットのくだりでのノッポさんの「えーーーーー!!?」の声は、関門オンエア史上一番大きかったと言っても過言ではありません)

でも、音声ではなかなか伝わりにくい、想像の域を超えないところもあったかと思います。もしくは、「ノッポさんだけ写真見て、ずるい!」と思った人もいるかも。というわけで、関門オンエアナビでは、関門橋について写真と文字でさらにわかりやすくお伝えします。

しかも今回は特別に、実際に関門橋を見学させていただき、内から、真上から(!)、いろんな角度でじっくり見て、そのすごさを体感してきました!

ぜひ、voicyでの放送と併せてお楽しみください。

関門橋ができるまで

重要な航路となっている関門海峡は大小さまざまな船が行き交っているため、大型船舶でも余裕をもって航行できる高さと、海の中に柱を立てない構造で橋を架ける必要がありました。それを可能にしたのが“吊橋”。でも、吊橋って一体どんな構造で、どうやってできているんでしょう??

吊橋とは、張力で吊り下げ支える形式のもの。関門橋も主ケーブルで橋を支えていますが、まずそのケーブルを引っ張ってつなぎとめる錘(おもり)の役割をする、アンカレイジの施工から架設が始まりました。

写真でもわかるように、ものすごい量のコンクリートが使われています。その量なんと、12万トン!飛行機370機分にも換算されます。改めて、関門橋のスケールの大きさに圧倒されます。

アンカレイジが完成したあと、門司側と下関側に大きな二本の主塔が建てられました。

主塔、というだけあって、ケーブルを支えるとても重要な柱です。voicyでの放送でもあったように、ここの塔頂部で振動実験としてロケットを噴射したんですね。

実際の様子が、こちら!いやはやすごい。間違いなく噴射してます。

宇宙まで行けてしまうくらいのエネルギーを持つロケットが噴射しても、びくともしない柱で支えられていると考えると、安心感が半端ない。

実験によってその頑丈さが証明されたところで、次はロープが張り渡され、少しずつケーブルを設置していきます。ケーブルの元となるワイヤー自体は5㎜ととても細いものですが、それが91本束ねられたものが一つの大きな塊となり、それをさらに154本束ね、直径67センチもの1本の太いケーブルになっています。

頑丈な柱と、強靭なケーブルのおかげで、私たちの安全が守られているというわけです。

そしていよいよ、私たちが通る補剛桁が吊り下げられていきます。こうして見ると、吊橋ということがよくわかりますね!

このような過程を経て、関門橋は5年という年月をかけて無事完成し、橋を支えているだけでなく、私たちが便利に暮らせるための生活も支えてくれています。

関門橋に登ってみた!

関門橋は昭和48年に開通してから現在で約48年経過しているため、長期耐久性および予防保全の観点から、平成23年度よりリフレッシュ工事が行われています。

主な工事は、橋のサビを止めるための塗り替え塗装や、ボルトなどの取替工事、そして、橋げたを支えている主ケーブルが湿気で錆びるのを防ぐための送気設備の設置など。

送気装置の仕組みは、まず外の空気を取り込んで塩分や塵を除外し、綺麗にした空気を除湿します。この乾燥した空気を冷やしてケーブルに送り込めば、錆の原因の湿気を除外でき、かつ湿度も常に管理できるのだそうです。

なんと言ってもケーブルは吊橋の命。強度的には問題ありませんが、ケーブル内は日々温湿度状態となっているため、腐食の環境改善のために送気システムが導入されたとのことです。

そして実際に乾燥した空気が送り込まれているのは、地上140メートルの最上部!というわけで、特別に主塔の塔頂部にも案内していただきました。

しっかりとヘルメットや安全帯を装着して、いざ潜入!

現在リフレッシュ工事中ということで、特別に仮設の工事用エレベーターからまずは車道部(橋面上)まで上ります。

アンカレイジの中を通過して、車道の真下部分の補剛桁上を渡って、さらに主塔まではエレベーターで上っていきます。

道中は、とにかく狭い。体を丸めないと入れないような出入り口も多く、まるで潜水艦のようでした。

通路は薄暗いのでここが地上かどうかもわからなくなりつつ進んでいき、主塔内にあるエレベーターに乗り数十メートル上がると、ついに塔頂部への最後の扉が!

 

扉を開けると、そこはまごうことなき地上140メートルの世界でした。

和布刈の山を下に見ているのがとっても不思議・・・そして何より、真下を車が走ってる!!

 

この光景は、ここでしか見られません。

 

さらにノッポさんは、主ケーブルの上にも!ケーブルは丸いので見ている方がドキドキしてしまいますが、砂が混ざった塗装が滑り止めになっており、安心なのだそう。

とはいえこんな高所で、風の影響もまともに受けてしまう危険な場所には違いなく、日々点検を行ったりリフレッシュ工事で修繕してくれている方たちには頭が下がります。

 

関門橋ができるまでの長く困難な過程や、安心安全のための最大限の努力、そして常日頃から関門橋を守り、改善してくれる人たちのおかげで関門橋が在ることを知り、より大きな存在になったと同時に、地元に架かる橋としてなんだか誇らしい気持ちにもなりました。

関門橋がいかに安全か、そしてそれを守ってくれている人たちがいるのだということを、関門に住む者としてもっとたくさん人たちに発信していきたいなと思います。

女性がさらに美しくなる魅惑の町・佐伯

○佐伯市の魅力とは?

大分県の南東部、宮崎県との県境にあり、九州の市町村の中で最大の面積を誇る佐伯市。270㎞にも及ぶ透明度の高い美しいリアス式の海岸が多数点在しています。また、九州山脈から広がる山間部の自然は、季節や時間帯によって様々な表情を見せてくれます。新鮮な海の幸・山の幸が豊富なのも佐伯の魅力のひとつ。海あり山あり、両方の気候が感じられカラッと気持ちのいい気候の佐伯市なので、住んでいる人たちもカラッとしておおらかで明るく、来る人をあたたかく迎え入れてくれます。そして屈託なく話しかけてくれると、旅先であることを忘れるくらい地元の人と仲良くなって、この土地に溶け込んでしまう、そんな吸引力を持った佐伯市。

欲張りな女子がほしがる、その全部が佐伯にはある!!

後悔しないように毎食本気で何を食べるか悩むけれど、何を食べても美味しい。美味しいだけでなく、美容や健康にいい食と、楽しくわいわいできる“空間”まで!

あなたを満足させる、穏やかな時の流れに身を委ねる体験が待っています。

さっそく、巡ってみましょう!

 

■糀で世界中の人をお腹の中から元気に幸せにしたい【糀屋本店】

 

築150年以上という趣ある糀屋本店の社屋

 

味噌や醤油・甘酒などをつくるときに用いる“糀”(こうじ)。その専門店である【糀屋本店】は、元禄二年(1689年)創業、330年以上も佐伯の健康を支えてきました。

糀は三大栄養素であるたんぱく質、炭水化物、脂質を分解する酵素を備えています。酵素が不足すると、免疫力が低下したり肌が荒れたり体調に様々な悪影響が及ぼされるため、その酵素を補ってくれる糀は、アンチエイジングや美容に最適なんですって!

それだけではありません。

糀は酵素の力で三大栄養素を分解しますが、その中でもたんぱく質は分解されて旨味に変わります。たんぱく質といえば肉類、魚介類、卵など様々な食品に含まれていますよね。ということは、ほとんどの料理が美味しくなる・・・!糀は魔法の調味料というわけです。

ところが、日本では古くから味噌や醤油など発酵調味料を家庭で手作りするのが一般的でしたが、手間なくスーパーで気軽に買える時代になってからは自宅で手作りする機会は減ってしまいました。

料理を美味しくするし、身体にも優しい「糀の素晴らしさを伝えたい、身近に感じてほしい」!

そんな思いから、普段の料理にも気軽に糀を使えるように【糀屋本店】の現社長・浅利妙峰さんが江戸時代の文献から見出し、配合を整えて調味料として商品化したのが塩糀です。

 

「こうじ屋ウーマン」として糀の持つ効果効能を伝えている浅利妙峰さん

 

糀屋本店で商品化されたのは2007年。塩糀レシピを考案し積極的に発信したことで次第に塩糀の存在は知られていきました。

塩を使う料理はすべて塩糀を代用することで、旨味が増すだけでなく酵素の働きもプラスされる。減塩にも繋がり、材料に塗れば食材の保存にもなる。

その万能さと手軽さで爆発的なブームが起き、塩糀は今や誰もが知る調味料となりました。

 

料理のさしすせそをすべて補える万能な糀

 

「世界中の人をお腹の中から元気に幸せにしたい」

自らを『こうじ屋ウーマン』と名乗り、新商品を開発したり講演したりと、飛び回っている妙峰さんの艶やかなお肌や体の中から湧き上がるような生命力を目の当たりにすると、「わたしも糀を採り入れてこんな風になりたい!!」と強く思いました。健康的な食事は体も心も健やかにすることを改めて気付かされた旅でした。

 

■塩糀づくしの食事で美しくなる!【魚彩さくら亭】

その土地でしか食べられないグルメも、旅には欠かせません。

美しい日本庭園を眺めながらお食事ができる魚彩さくら亭では、『塩糀ご膳』がいただけます。

こちらは塩こうじブームの火付け役となった【糀屋本店】さんと糀をテーマに共同開発したメニューです。

 

糀がふんだんに使われた料理の数々がテーブル一杯に並ぶ

 

糀と言えば、腸内環境を整えたり、うれしい美白成分も含まれているという、美容の味方。

糀のタレに付けていただくお造りや、旬の魚や鶏肉の塩糀焼きなど、二段のお重に色とりどりの糀料理がひしめきます。

 

お造りのタレは塩糀・醤油糀・ポン酢の三種類

 

糀はアミラーゼという酵素によってでんぷん質がブドウ糖に分解されることで甘味を生み出します。さらに、プロテアーゼという酵素がたんぱく質を分解して、旨味を作り出す。塩だけを使うよりも塩糀を使った方が美味しいのは、甘味と旨味が増すからなんですね。

食材にもともと含まれている酵素は加熱すると効力を失ってしまうので、新鮮なお造りにさらに塩糀を付けることで、お魚のまろやかさや風味を最大限に引き出してくれます。

天ぷらには、糀屋本店がより手軽に糀を使えるようにと開発した糀の粉末『キスケ糀パワー』を加えたピンク岩塩を付けていただきますが、素材本来の甘味と旨味を感じることができます。

 

女子旅には美味しい料理とおしゃべりが欠かせない

 

ゆっくりとした時間の流れるさくら亭。海の幸も山の幸も豊富な佐伯だからこそ、素材そのものの味わいを活かした料理をしっかり時間をかけて楽しんでください。

 

■自分で割ってすぐ食べる!超新鮮ウニ割り体験【丸二水産】

ふだんはできないことができる、それが旅の醍醐味!

佐伯市の中でも最南部に位置する蒲江地区は、豊後水道の潮流がプランクトンを運んでくるため海は魚の宝庫となり、漁業が盛んな地域です。

そんな蒲江地区だからこそできる鮮度を活かした体験、“ウニ割り”ができるという丸二水産を訪れました。

ウニっていうと黄色いぷりっとした身を想像しますが、そうか、今まで当たり前に食べてたけれど、ウニを割って、中から身を取り出してくれる人がいるからあの美味しいウニが食べれてたんだ・・・と改めてそのありがたみを噛みしめます。

とは言え気持ちは「採れたてのウニってどんなに美味しいんだろう・・・!」という妄想でいっぱいなんですが(笑)。

というわけでさっそくウニ割り体験!

レクチャーしてくれたのは、丸二水産社長の橋本正恵さん。

 

笑顔のほがらかな丸二水産社長・橋本正恵さん

 

見るからに只者ではなさそうなビビットな衣装に身を包んでいる正恵さんは、若干20歳の時に会社を立ち上げ、沖合にブリの養殖場をつくり、女性で初めて定置網の権利を持ち、さらには民宿まで始めたり、ととにかく佐伯のポテンシャルを最大限に引き出すエネルギッシュな方です。

と聞くととても厳しい人かと思いきや、港町らしくおおらかでちょっと豪快、それでいてやさしい方言と喋り方に安心感を感じ癒される魅力あふれる方でした。

 

正恵さんがエプロンを付けてくれ、気合が入る

 

そしてこの派手派手エプロンは、昔女性が戦に行くときの恰好だったそう。法被を後ろ前逆に着てしまってますが、決して間違えたわけではありません。後ろ向きに結ぶから戦が終わるまで自分ではほどけない、っていう決意の表れだそうです。港町の女性は心構えから違います。なんだかこの衣装を身に纏うとウニとの格闘を前に、「やってやろうじゃん!」という気になってきました。

 

トゲが元気よく動く新鮮なウニたち

 

いや、でも待って、「ウニ、というかこのトゲトゲ、う、動いてる~~~」

とれたてのウニなんだから当たり前なんですが、ウニがトゲトゲだってもちろん知ってはいたけれど、実際にうにうにとトゲが動くさまを見ると、あの黄色いぷりぷりとトゲトゲが同一の存在というのはなんだか衝撃。

それでも、後ろで固く結ばれた紐を確認し、一呼吸。

お前が例えどんな殻に閉じこもってトゲで回りを寄せ付けず、ガードしていたとしても、私はお前を食ってやる!

そう決意すれば、容赦ありません。テコの原理でウニを真っ二つに割ることのできる専用の豪具で突き刺し!開いて!(ちょっと強引だけど)殻を破って中身を見せてくれたウニ・・・やさいい黄色のふわふわちゃんじゃないですか。なんだか愛おしくなってきました。

愛おしさもあって、綺麗に洗って映え良く盛り付けていきます。

愛おしいと言いつつ、食べる準備は万端。

さっそく、いただきます♪

 

ウニの身を殻に盛り付ければ、完成!

 

ウニにも種類があり、トゲの長さや色が違ったりして個性があります。味もそれぞれで違う!!天然だから味の違いがはっきりとわかります。どれもおいしい!

食べるものが違うから味も違う。人間もウニも、すべての生き物は食べ物でできていて、だからこそ毎日の食事は自分の体が喜ぶものを大事に時間をかけて食べ、そして命ある食材をいただくということに日々感謝するんですね。とれたてのウニが食べられる!っていうご褒美があるからがんばったけれど、漁師さんやウニの身を取ってくれる人たちは、私たち消費者のために日々やってくれてるんだな・・・そんな人たちの気持ちにもふれられたような、ここでしかできない体験。自分で殻を割って処理することで、食の大切さを改めて感じることができました。

 

■摩訶不思議な龍の世界に迷い込む【波当津美術館】

さて、ウニをたらふく食べて大満足したあとは、目にも保養を、ということで美術館へ。

波当津美術館では廃校になった小学校を利用して、コオロギタカシさんのアトリエと作品展示をしています。大分在住で、画家・造形作家としても活躍しているコオロギタカシさん。2016年に拠点を佐伯市に移しました。

 

教室だった場所に様々な龍の絵が飾られている

 

多くは龍がモチーフになっているのですが、その龍も一匹一匹全然雰囲気が違う。ハッとしてその場から動けなくなるくらい迫力のあるものから、思わず微笑みかけてしまうような優しさにあふれたものまで。

 

描くものによって表現方法も変わる

 

コオロギさんの龍は想像で描いたとは思えないリアリティがあって、絵画というより、「そこに居るんじゃないか」と感じるほどでした。

それに、龍以外にもかわいらしい動物が描かれたもの、流木や長靴に描かれたもの、いわゆる“作風”っていうのが一人の人間を超越してる!

 

石に描かれたサボテン、長靴に描かれたスニーカーなどユニークな作品も

 

小さな校舎の懐かしい雰囲気と、いろんな“モノ”たちが集っている感じに、不思議な世界に迷い込んだような気持ちになる波当津美術館。

それもそのはず、というか、どうやらコオロギさん自身も、不思議な縁に導かれてこの佐伯市にやってきたらしい。

展示会をするために初めて佐伯市を訪れ、ここ波当津の海で「自分の求めていたものがすべてあった」と思ったというコオロギさん。

 

理科の先生のような白衣を纏ったコオロギタカシさん

 

地元の人には「何もない」という人もいるけれど、コオロギさんにとっては『何もないということは。すべてがあるのと一緒』だと。ふ、深い・・・!

コオロギさんは波当津を訪れたことで、今までの人生がすべてこのためにあったのではないか、と思うような出来事が次々に起こったというんです。

最初に波当津を訪れたとき、たまたま王子神社に立ち寄ったコオロギさん。王子神社には天井画がありましたが、そのほとんどが色褪せ、見えなくなっていたそうです。そこで修復を買って出たコオロギさんは、約3年もの年月をかけて天井画を完成させました。

「これをするために絵を勉強してきたのかな」と思ったというほど、コオロギさんにとっても特別な思いのある作品になったと言います。

ここ波当津小学校にも導かれるように足を踏み入れ、「ここで書かなきゃ」という思いを抱いたんだそう。

「まだ奇跡の中にいるみたい」と言うコオロギさんの言葉に、きっとそうなんだろう、と腑に落ちました。目の前にいる人が奇跡の只中にいる、それがすごいことじゃなくてすんなり受け入れられる。美しい波当津の中にいると、そんなことが起こっても不思議ではない気持ちになりました。 

 

元小学校ならではの黒板に描かれたチョークアートも

 

生き生きと描かれているコオロギさんの作品が飾られた波当津小学校は活気が戻ったかのようににぎやか。気の合う友人と出会うように、きっとここでしか出会えない素敵な作品にであえるはずです。

 

■佐伯の美味しいものが全部集まる場所【海の市場まる・鮮度壱番】

 

佐伯市名物ごまだしなど佐伯市の特産品がすべて揃う

 

佐伯で一番人が集まる場所、とも言われているのが、海産物や特産品が豊富にそろう海の市場〇。

現地で新鮮なものをいただくのが一番ですが、旅の思い出に佐伯の美味しいものを買いたい!そして佐伯の魚ってこんなに美味しいんだよ、って地元の人にも知ってほしい!!と思ったら、お土産は必須ですよね。

佐伯の特産品である干物や乾物などの水産加工品がずらりと並んでいるので、佐伯の美味しさをそのまま持って帰ることができます。

 

その日に仕入れた新鮮な魚介類が買える鮮度壱番

 

そして海の市場○のお隣にあるのが、鮮度壱番。

こちらは、好きなお寿司やお惣菜を、二階のイートインスペースでいただくことができるんです。

佐伯の鮮度抜群な美味しいものが、まだまだ食べたりない!という方は、悔いのないようにこちらで思う存分食べて帰ることをおすすめします!

 

■甘酒を試飲&甘酒づくりも体験できる【麹の杜】

最後に訪れたのは、西日本で唯一見学できる甘酒工場と、ショップが隣接している麹の杜。

え、甘酒ってこんなに種類があるの!?

ショートケーキやティラミスの味がするスイーツ甘酒、季節ごとに春はさくら、夏は日向夏、秋は焼き芋、冬はあたためても美味しいおしるこの甘酒・・・??

 

隣の工場から直送の甘酒が購入できる

 

見れば見るほどどれも気になって、とても選ぶなんてできない!

と思った方もご安心ください。麹の杜では試飲もできます。自分の舌で確かめて、お気に入りの甘酒を見つけることができますよ。

もちろん飲んでも美味しい甘酒ですが、話を聞いてみると、甘酒は家庭でも砂糖代わりに使うことができて、煮物や卵焼きに使うとほんのり甘くて美味しいらしい。学校給食にも使われていて、ヨーグルト和えや蒸しパンケーキは子どもたちに大人気なんだとか!

社会見学などにも利用されているあまざけ工場。

麹の杜を運営しているぶんご酪醸株式会社は、「おじいちゃんおばあちゃん世代はまだ自分たちで甘酒をつくっていた、その文化を繋ぎたい、残していきたい」という思いで様々な取り組みをされているそうなので、小さい頃から自然とこうじ文化に触れられることで、しっかりとその思いは伝わっているのではないでしょうか。

もちろん大人も、つくられる工程を見たり甘酒を使った料理をつくったりすると“麹”が一気に身近になりますよね!

というわけで、子どもも大人も簡単にできる甘酒づくりを体験させていただきました。

「砂糖を入れなくてもこんなに甘くなるの?!」という驚きが実体験できます。

 

細かく温度を測るのが美味しい甘酒をつくるコツ

 

材料は米、米こうじ、お湯のみ。

作り方は、材料を併せて振って混ぜる、たったそれだけ!!!

ただし、一番大事なのが温度管理。工程ごとに適した温度を測りながらつくるのがコツ。

最後には認定書ももらえて、これで立派な甘酒職人です。

 

上手に甘酒ができるとあまざけ職人として認定してもらえます

 

必要なもの:保温性のある水筒(500~1000ml)※水筒のない場合はボトル代別途2500円

所要時間:15~20分

伝統も大事にしつつ革新的な商品も続々登場し、甘酒を思う存分楽しめる麹の杜。

自分でつくることでより身近に麹文化を感じることができます。麹の杜に行けば、美容と健康への近道になること間違いなしです!

○いかがだったでしょうか?

新鮮なお魚やこうじなどヘルシーなものが多く、美味しくて食べすぎちゃっても罪悪感なし!

そして豊かな自然や絵画など美しいものを見て心も美しくなれる。

さらに佐伯市が育んできた大切な食文化を知ることができる様々な体験は、ただ旅をするだけでは味わえない、その土地の息吹を感じることができます。

訪れると心も体も美しくなれる、次の女子旅の目的地は佐伯市で決まり!

関門海峡が一望!見て食べて癒される【めかりパーキングエリア】

壇之浦パーキングエリアに続き、めかりパーキングエリアがリニューアルオープン!

2021年8月にリニューアルオープンしためかりPA

 

そしてついに、展望デッキも10月22日(金)にお披露目されました。

関門海峡を一望できる展望デッキ

 

壇之浦パーキングエリアとはまた違う角度から関門海峡が眺められる、めかりパーキングエリア。

海に向かってデッキがせり出しており、関門海峡の圧巻の潮の流れを目の前に見ることができます。

展望デッキは広々と開放感がある

 

めかりパーキングエリアは九州最後のパーキングエリアでもあります。

九州の人は手土産を買って本州へ、そして本州の人は九州のお土産を買って地元に帰っていく。

そんなときに参考にしてほしい!

Voicyにてロイヤルコントラクトサービス株式会社めかりパーキングエリア店の支配人である金崎さんにお話を伺いましたが、今回はノッポさんも大絶賛のフードやお土産を写真とともに詳しくご紹介したいと思います。

 

と、その前に。

めかりパーキングエリアに入ってすぐ、感動したことがあります。

店内に入ると、スタッフの皆さんが「いらっしゃいませ、ようこそめかりへ」と声をかけてくださるんです。

リニューアルしたてなので、名前を知ってほしい!という思いからだそうですが、おもてなしを受けている気分になってとても気持ちいいな、と感じました。

 

まずはフードで腹ごしらえ

そんないい気持ちで店内へ。

めかりパーキングエリアは、一階がお土産販売とカフェ、二階がフードコートとなっています。

まずは二階のフードコートをご紹介します。

大きな窓から関門海峡が望めるフードコート

 

展望デッキはもちろんなんですが、フードコートからの景色も抜群なんですよ!

カウンター席なら、絶景が目の前に

 

海沿いにはカウンター席もあるので、大きな窓から関門海峡を眺めながら食事することができます。

モーニングメニューは朝6時から10時の限定

 

めかりパーキングエリアのフードコートでは、モーニングメニューもいただけます。

朝6時から10時までの限定ですので、この時間に行くチャンスがある方はぜひ。

焼き魚と貝汁の朝定食なんて最高ですね🤤

地元自慢のグルメが食べられるフードメニュー

 

日中のメニューもさすが、関門海峡を望む場所にあるだけあって、ふぐや海鮮など新鮮なお魚メニューを始め、門司港と言えば!の「焼きカレー」や北九州名物「焼うどん」などご当地メニューも。

一番人気の関門海峡丼

 

悩みますが、おすすめはやはり「関門海峡丼」で、ふぐの唐揚げも乗った超豪華丼ですので、ぜひ一度召し上がってみてください。

 

ここでしか買えないお土産も!

そして一階のお土産売り場。

オシャレなパッケージのお土産が所狭しと並ぶ

 

お土産は店長の谷川さん直々におすすめを教えていただきました。

まずはめかりパーキングエリア限定!

めかりPA限定、福岡土産定番の明太子

 

福さ屋の無着色辛子明太子。特にパーキングエリアは高速に乗らないと行けないので、限定だと「買っておかなくちゃ」って思いますよね。

谷川さんとしても、「限定品は特におすすめ」とのこと。

 

他にも人気の限定品が。

『博多の人』の詰め合わせはめかり限定。門司港にちなんで、バナナミルク味とプレーンがセットになった商品。

甘辛い油揚げの中にお餅が入った逸品

 

高速道路では古賀SAとめかりPAだけで売っているという、もち吉の『いなりあげ餅』の5個パックも人気だそうです。

ネジチョコを始め、いろんな形のチョコは話のネタにも

 

お子さまにも喜ばれそうな関門海峡チョコは、壇之浦PAとめかりPAの限定です。こちらのチョコシリーズはネジの形や小倉城を模したもの、そしてトイレ型(!)に石けんの形のチョコとユニークなものが揃っていますので、あげる人に合わせて選んでみてくださいね。

 

忘れちゃいけないテイクアウト

めかりパーキングエリアには、カフェもあります。

二階で食事して、帰りに車で飲む用のドリンクをテイクアウトするお客さまも多いそうです。

門司港名物バナナの叩き売りにちなんだバナナスムージー

 

こちらも門司港らしく、スイートバナナスムージー、スイートバナナミルクというバナナドリンクが売っています。

一階のカフェでテイクアウトして二階でいただくことも可能。

海を見ながらカウンターで一杯

収録がないときには、こんな風に関門オンエアのサテライトをカウンターとして利用してもOK!ぜひ抜群の景色を堪能してください。

 

そして建物の外にもテイクアウトコーナーが。

パーキングエリアに寄るとつい買ってしまうテイクアウト

 

くばらのあごだし唐揚げにふぐ焼き・・・これは寄らずにいられない!!

福岡の名店くばらのあごだしで味付けされた唐揚げ

 

車でも食べやすいので、ドライブのお供にぜひ。

 

いかがでしたか?

運転の疲れを癒すため、食事をするため、トイレ休憩のため・・・といろんな理由で立ち寄るパーキングエリアですが、めかりパーキングエリアはプラス絶景も楽しめるというお得感があります。

高速でお出かけする際には、寄る価値あり!なスポットですので、ぜひvoicyのオンエアとこちらの記事を参考にめかりパーキングエリアを訪れてみてくださいね^ ^

リニューアルした【壇之浦パーキングエリア】を100倍楽しむ方法

今年6月にリニューアルオープンした【壇之浦パーキングエリア】は、本州最後のパーキングエリアです。そして我が《関門ONAIR》の本拠地でもあります!

関門橋のたもとにある壇之浦PA

 

そんな壇之浦PA、以前voicyでも海饗市場の副店長・坂本さんにお話を伺っておすすめのお土産やフードについてご紹介したので、「行ったみたい」と思った方も多いはず。関門オンエアナビでは、さらに写真付きでくわしくご案内します!

voicyを聴いて、さらにこの記事を読めば、壇之浦PAが100倍楽しくなるはず◎

壇之浦PAを知るには、壇之浦PAを知り尽くした人に聞くべし!

今回はみなさまに壇之浦PAを100倍楽しんでいただくため、壇之浦PAの店長・安井さん直々におすすめをおしえていただきました。安井店長はなんと高校生のバイトからここ壇之浦PAで働いていたということで、これ以上ない壇之浦PAの達人!様々な角度から、壇之浦PAの楽しみ方をお聞きしました。

どこよりも近くから関門橋を眺められる!絶景の展望デッキ

やはり壇之浦PAの一押しポイントは、関門橋と関門海峡が間近に眺められること!展望デッキもオープンし、海を眺めながら旅の疲れを癒したり、写真を撮るお客さまでにぎわっています。

青い海と青い空がとても美しい

安井店長のおすすめは夜。

ロマンチックな雰囲気

対岸の門司は明かりも多く美しい夜景を楽しむことができます。何といっても壇之浦PAは24時間営業。時間を気にせず夜の風景を楽しむことができます。

パーキングエリアと言えば!ご当地のお土産がずらり

本州最後のパーキングエリアということで、観光などで本州に来て九州に帰る前にお土産を買いに立ち寄る、という方も多いと思います。

一番人気はやはり練り物。魚介が豊富な下関ならではの、かなり充実したラインナップです。その中でも一押しは『義経八艘竹輪』。パッケージから新しくデザインされた壇之浦PAのオリジナル商品です。

練り物は特に人気のお土産

ただ、今のご時世なので遠出よりも近場で、というお客さまが多いということで、お土産売り場にも変化が。ドレッシングやスープなど、お土産というよりは自分の家で楽しむ、自家用に買って帰ってすぐに食べられるような商品が最近は売れているということです。

干物やフライは家に帰って焼くだけ、揚げるだけのため自家用に人気

そしてもう一つ、安井店長のおすすめはアンシャーリーのドーナツ。

下関で人気のケーキ屋さんがつくるドーナツ

下関のお店をよく利用しており、お願いして置いてもらったそうです。パッケージもとってもかわいくて、お土産にも自分用にも買いたくなりますね^ ^

下関の美味しいものが食べられるフードコーナー

お土産とともに、パーキングエリアで食べられるその土地ならではのお食事も欠かせませんよね。ここ壇之浦PAのお食事メニューはとにかく迷いそうな魅力的なものばかり。一番人気はやはり海鮮丼。

くじらも食べられるのが下関らしい海鮮丼

そして次に人気なのが瓦そば。

今や全国的に有名になった下関のソウルフード

壇之浦PAに行けば瓦そばが食べられる!ということで、瓦そば目当てに来る方もいらっしゃるそうです。

ちなみに安井店長のお気に入りはうどんににぎり寿司3貫が付いたセットとのこと。海鮮も麺類もカレーもあり、何度来ても楽しめるメニューの豊富さが魅力となっています。

ちょっと立ち寄るだけでも!テイクアウトも充実

ご飯は食べなくても、ちょっと小腹が空いたときなどに便利な建物の表に並ぶテイクアウトコーナー。

コーヒー、揚げ物、甘味が楽しめる

もちろん買って車で食べながら、もいいのですが、安井店長のおすすめは、テイクアウトして展望デッキで海を眺めながら食べること!なんて贅沢。コーヒーとお菓子のお得なセットや、ソフトクリーム、揚げ物まで。テイクアウトして敢えて展望デッキで食べる、というのは壇之浦PAならではの楽しみ方ではないでしょうか。

さいごにとっておきを教えます

ここまで読んでくださったみなさまのために、安井店長に壇之浦PAで過ごす上でのとっておきの楽しみ方をお聞きしました!安井店長が一番おすすめする時間帯は、日の出。山の上から太陽が昇ってくる様子はここでしか見られない、最高の眺めだそうです。

そしてもう一つ、関門橋に当たるんじゃないか、というくらい大きな船も通るそうで、それをハラハラしながら見るのも壇之浦PAの楽しみ方の一つなんだとか。確かにこの距離、この眺望だからこそ体感できる、ここでしか味わえない景色ですよね。

以上、最も壇之浦PAを知っていると言っても過言ではない店長さんにお話を伺い、壇之浦PAを最大限に楽しむ方法をお届けしました!一般道からも行ける壇之浦PA、ぜひ気軽に立ち寄って、100%全力で楽しんでくださいね。

花と癒しの島、六連島

下関駅からもほど近い渡船乗り場から、ほんの20分ほどで行ける小さな島がある。

響灘の海にぽっかりと浮かぶ六連島

 

『花の島』とも呼ばれる【六連島】。

島といえば海で泳いだり美味しい地元飯を堪能したり、バカンスを楽しむイメージがあるかもしれない。しかし、六連島は決して観光の島ではない。

今は、まだ。

そう感じさせてくれる、ポテンシャルを秘めた島であることは間違いない。まだまだこれから魅力が増しそうな六連島の、今だからこそ味わえる、素朴で穏やかで自分だけの特別な場所にしておきたい、そんな愛しい六連島をこっそりとご紹介したい。

 

六連島自治会長の武島さん

 

まず島について詳しくおしえてくださったのが、六連島の自治会長さんである武島さんだ。見るからにやさしいおじいちゃんだが、お話ししていても島の空気を感じるような、あたたかさと凪のようなゆったりとした雰囲気を纏っている。

 

島の郵便屋さんでもある武島さんは、島の住民に郵便物を運んでいる

 

武島さんは島の出身で、勤め先の街の郵便局まで長年通っていたこともあり、今でも島の郵便物を委託され配達している。小さな島の郵便屋さん。なんてかわいらしい。

そんな武島さんの話によると、六連島はかつて山口県の春キャベツの生産地としてかなり栄えていたそうだ。40年位前までは、島のほとんどの土地がキャベツ畑だったという。

羽振りもよかったため豪快な男性陣が自分の船で夜な夜な街に繰り出す、なんていう夢物語のような話も現実にあったそうだが、それも今は昔。キャベツに病気が発生して痛みが出だしたことで、うまく育たなくなってしまったのだ。さらに、島の高齢化も重なり、キャベツ農業は次第に衰退していってしまう。

そこで始まったのが、菊の栽培だった。だんだん需要があるということがわかり、菊の季節以外に他の品種も植えるように。島の気候が花の栽培に適していたのか、今ではトルコキキョウ、ガーベラ、ひまわり、カーネーションなどが年中咲き誇る、一大生産地となった。

 

美しく咲くトルコキキョウ

 

せっかくなのでその花の栽培地も見せていただいた。案内してくださったのは生産者である植村さん。この広大なハウスの花たちを奥様と二人で育てているという。

 

島で花を育てている植村さん

 

少し強面ではあるが、忙しい中お話を聞かせてくださり、こちらもとてもあたたかい方だった。やはり島で生活すると、せかせかしたりイライラしたりすることがなくてやさしい人間になれるのだろうか。自分のことは棚に上げて、あの人もこの人も六連島に住めばいいのに、なんて思ってしまう。

植村さんのやさしさが垣間見えた瞬間がもう一つ、それは飼っている山羊を見せてくれたとき。雑草を食べてもらうために飼っているそうだが、「グルメなんだよ」と少し困った顔をしながら山羊のところに連れて行ってくれた。山羊さんは、植村さんが手にした出荷できないガーベラをむしゃむしゃ。とてもおいしそうに食べている・・・

なんて贅沢な!

 

草よりガーベラがお気に入りの山羊は、植村さんから奪い取るようにガーベラをほおばっていた

 

グルメで草よりガーベラを好む山羊たちを愚痴りながらも、やさしい顔でガーベラを食べさせている植村さんの横顔が印象的だった。

高齢化や、山の上にあるため水が少ないなど様々な問題を抱えつつも、大切に大切に花を育てている植村さん。美しい色彩の花を見ただけで、どれだけ大切に育てられているかわかる。

 

出荷前に冷蔵庫で保管される色とりどりの花たち

 

「3月4月の春がやっぱり一番盛況やけね。その頃にまた来たらいいよ」忙しいから、とインタビューを切り上げた植村さんだったが、結局最後までやさしかった。

 

六連島に住む男性陣のやさしさに触れ「島に住む人、いいかも」なんてすっかりほだされた私だが、六連島の魅力は住む人だけにおさまらない。例えば六連島のシンボルである、『六連島灯台』。

 

150周年を迎える、白く美しい六連島灯台

 

なんと今年150周年を迎え、重要文化財にも指定されている由緒ある灯台だ。10月には式典も予定され、島全体で地域おこしのようなことができたら、と武島さんは考えている。150年前と変わらない造形を今も変わらず見られるというのは、なんてロマンがあるんだろう。六連島灯台が見つめてきた150年に思いを馳せていたら、平気で一日過ぎていそうだ。

そう、そうなのだ。

 

高台にある神社から島を見守るようにたたずむ狛犬

 

そんな風に六連島では、花を見てはうっとりして時間を忘れ、高台に神社を見つけてはその景色に見とれて時間を忘れ、島の至ることろで心地よい風が吹いているので数分おきに立ち止まってしばらく身を任せていたくなる。

 

島のあちこちから海が見渡せ、行き交う船を眺めることができる

 

とにかくゆっくりとそこに留まっていたくなるのだが、いかんせん、宿がないのだ。いや、宿どころか、実は島にお店はなく、自動販売機が一台あるくらい。昔は売店もあり、民宿も2軒あったそうだが、高齢化もあり今は閉じてしまった。

昔は人口も200人くらいおり、30年位前までは分校もあったそうだが今はそれすらない。現在の人口は75人くらいだそう。世帯でいうと30ちょっと。

とはいえ、さみしいことばかりではない。今、六連島は島を盛り上げるために動き出している。8月からは、地域おこし協力隊を迎え、島で生活するそうだ。島民も協力体制が整っているということで、活性化が期待される。

 

船から見た、少しずつ小さくなっていく六連島

 

今はまだ、観光の島ではないけれど。私は六連島にポテンシャルしか感じない。売れる前からずっと好きだったのに、メジャーになってみんなが「いいよね」って言って少しさみしい気持ちになる、そんな予感がするのだ。

そう、今回の記事は、「だから言ったでしょ!」と言いたいがための自己満足でもある。島にみんなが押し寄せる前に、今だからこその“特別感”を、この記事を読んでくれたあなたにはどうか味わってほしい。

 

TEXT
忽那恵
関門オンエアでライティングを担当。

“くじら”という名のロマン

夢中になれるもの、憧れるものがあるって素晴らしい。そんな人を見ているだけでも「あぁ、いいなぁ」と微笑ましくなる。

 

ここに、【くじら】に情熱を捧げる男たちがいる。写真を見てほしい。

 

下関くじら文化振興室長 岸本博士

 

この笑顔。

 

下関市 水産振興課 捕鯨推進室 手塚さん

 

この真剣なまなざし。

 

下関市 水産振興課 捕鯨推進室 亀井さん

 

この楽しそうな笑顔。

 

これらはすべて、【くじら】について語ってもらった時の写真だ。この顔を見るだけで、彼らがどれだけくじらに愛情を持っているのかがわかるし、さらには「え、くじらってそんなに素敵な生き物なの??」と俄然、興味がわいてくる。ここまで三人を虜にするなんて、ちょっとくじらが羨ましくなってくるほどだ。

盗めるところがあるかもしれない、というちょっとした下心もありつつ、その魅力を探るべく三人に思う存分くじらについて語ってもらった。

 

今回お話を伺ったのは、下関市農林水産振興部水産振興課 捕鯨推進室の手塚さんと亀井さん、そして下関市観光スポーツ文化部 文化振興課 下関くじら文化振興室長の岸本さんの三人。

 

くじら愛について熱く語る三人

 

下関市の中でも屈指のくじらエキスパート、くじら界の精鋭と言っていいほどの情報量で、どんな質問にも答えてくれた。

“近代捕鯨発祥の地”と言われる下関市。

 

関見台公園にある世界最大のシロナガスクジラを模したモニュメント

 

南氷洋捕鯨の基地として捕鯨船の建造や鯨肉の陸揚げ、加工などが盛んに行われて一大産業となり、【くじら】が下関市の発展を支えてきたといっても過言ではない。そうして“くじらの街”と呼ばれるようになった下関市。街の至るところにくじらのオブジェやイラストがあったりするが、最近リニューアルした壇之浦PAもその一つ。

 

壇之浦PAを入るとすぐに天井から顔を出した巨大なくじらがお出迎えしてくれる

 

壇之浦PAには缶詰、カレー、大和煮など、豊富な加工品が並ぶ

 

さらには加工品を中心としたくじらコーナーもあり、くじらは観光資源としてもしっかりと認識されている印象だ。

しかし、1982年に商業捕鯨が停止。31年間もの間停止されていたが、日本政府が国際捕鯨委員会(IWC)を脱退したことにより、1992年よりついに商業捕鯨が再開された。そこで“くじらの街下関”を盛り上げるため令和2年に誕生したのが『捕鯨推進室』だ。商業として確立するために消費拡大を目指し、“産業としてのくじら”を推進していくために日々奮闘している。

その活動の一つが、『下関市鯨肉消費拡大推進協議会』を発足し、くじら料理を提供する飲食店を増やす、という取り組み。鯨肉は解凍するのにコツがいるそうで、鯨肉の取り扱いの専門家を講師に招き、講習会を開くなどしている。そうやって少しでもくじら料理を提供するハードルを下げ、今年度は“加盟する飲食店100店舗”を目指している。

そんな鯨肉、そしてくじらの食文化について、もう少し掘り下げて聞いてみた。

昔はくじらを加工する拠点が下関にあったので、ハムやソーセージ、缶詰などの加工品が家に当たり前にあったという。加工品以外にも、家庭料理として醤油や野菜と合わせて南蛮煮にするなど、鯨肉は身近な食だった。お正月や節分にくじらを食べる風習は一部地域で今でも残っているそうで、「大きなものを食べて邪気を払う」という意味が込められているなど、くじらは縁起のいい食べ物でもある。

さて、せっかくなのでくじらのスペシャリストである三人におすすめの食べ方を聞いてみた。
まずは岸本さん。岸本さんはノルウェーで、日本では食べられないという“生肉”を食べたそうだ。いわゆる刺身だが、日本では完全冷凍して解凍したものしか食べられないが、ノルウェーでは気候などの関係で氷の中に埋めたまま運ぶことができる。そうすることで熟成され、「これがとんでもなくおいしかった」、とのこと。
次に手塚さん。手塚さんはバターをきかせたレアステーキがお気に入りとのこと。ごはんのおかずにもなるしビールも進む!と力説してくれた。
さいごに亀井さん。亀井さんは内臓系、特にハツをごま油でいただくのがたまらない、とのこと。流通量は少ないそうだが、新たな価値観が生まれる味だそうだ。

さすが、くじら通の三人はおすすめしてくれるくじら料理もなかなかツウ好みだが、話だけ聞いて「おいしそう」、で済ませるわけにはいかない。実際に味わってみなければ!と、下関にある唯一のくじら料理専門店【下関くじら館】さんにおじゃました。

 

1977年にオープンした老舗くじら料理専門店『下関くじら館』

 

まずいただいたのは『刺身・珍味盛り合わせ』。

 

新鮮なくじらは色も鮮やかで美しく、一目で最上のものとわかる

 

くじらのほほ肉や尾びれ部分のオバイケ、舌部分のさえずりなど。味も食感も異なる鯨の様々な部位を、余すことなく堪能できる。くじら館では、刺身醤油もポン酢もお店でブレンドしたオリジナル。くじらを最も美味しく食べられるようにすべてが考えつくされている。

そして『竜田揚げ』。

 

人気メニューの“くじらの竜田揚げ”は概念が変わる美味しさ

 

これがくじら!?とびっくりするほどの柔らかさ。衣のサクサク感と相まって箸が止まらない。岩塩でいただいたので、鯨肉の味をしっかりと噛みしめることができた。捕鯨推進室の三人もおっしゃっていたが、鯨肉は魚でもなく肉でもなく、“くじらの肉”としか言いようがない。くじらの美味しさは例えようがなく、一度食べてみるまで決して知ることはできないのだ。

 

くじらのローストはまるで牛肉のように美しい赤身

 

他にもローストホイールや塩くじらなど、貴重なくじらをリーズナブルにいただくことができる。

そんな【下関くじら館】の店長・小島純子さんはくじら文化を守るために尽力している方。

 

とってもチャーミングな小島さん

 

そのために、時間もお金も手間もかかるけれど、すべて“自家処理”にこだわっている。「絶対健康にいいことはわかっているから、子供や家族に食べさせるつもりでつくっている」と語ってくれた小島さんに、胸が熱くなる。その思いと、美味しくて食べ終わりたくない気持ちもあり、ひと口ひと口大切に味わった。

 

確かに、くじら料理はおいしい!この舌で実際に味わい、くじらの魅力を体感することができた。

しかしくじらの魅力はそれだけじゃない!とまだまだ語り足りない様子の三人…。三人の紹介を兼ね、ここは気の済むまでくじら愛を語ってもらおうと腹を据えた。

 

くじらについて熱く語っている岸本さん

 

岸本博士はもともとくじらの研究をして学位も取っている方で、まさにくじらの専門家。くじら文化振興室長である岸本さんが主に行っているのは、情報発信だ。出前講座やラジオ・テレビ・新聞の連載など、去年は一年間で106回もの情報を発信した。講座の内容は、クジラの生態から“下関はなぜ近代捕鯨の発祥の地になったのか”、はたまた世界と日本の捕鯨の歴史、くじらの利用、食文化、捕鯨の現状などなど多岐にわたる。幅広い人に理解してもらう講座を心掛けているため対象者によって内容を変えており、小学生であれば30分から、大人向けは長ければ1時間半にもおよぶ充実した講座となっている。

岸本さんにとっては研究の対象であるくじら。岸本さんに言わせると、くじらはそのすべてが“特殊”なのだそう。産業の成り立ちもとても特殊で、組織、捕り方、鯨組の立ち上げ・運用、会社の立ち上げなどすべてがほかの産業と一線を画しているという。産業に限ってのことではなく、それぞれの市町ごとに食べ方に違いがあるなど、独特の食文化があるのも面白い。そして食べるだけではなく田んぼに撒いてウンカの駆除に使ったり、油もマーガリンの原料である一方で機械油やニトログリセリンの原料にも使ったりと用途が多い。
研究すればするほどいろんな側面が出てきて、歴史・文化・経済・国際情勢・法律など、対象としてみたときにとても面白く、いろいろ調べるうちにだんだんくじらにのめり込んでいったそうだ。
それでも、「まだまだ知らないことばかり」とおっしゃる岸本さん。やればやるほどわからない、まだくじらの0.01%も知らない、というから驚きだ。しかし、「それを知っていくことが面白い」と語る岸本さんの表情は生き生きとしている。なるほど、ミステリアスなところがくじらの魅力のひとつであるようだ。

 

くじらの話をするときは本当に楽しそうな様子の亀井さん

 

捕鯨推進室の亀井さんは仕事でくじらに関わるようになって4年だそうだが、くじらへのファーストインパクトは幼少期まで遡る。
図鑑でくじらを見て、“世界で一番大きい”シロナガスクジラに心を奪われた。こんなに大きなものが海に浮かんでいるなんて、と幼心にロマンを感じたそうだ。それからはくじらのみならず魚全般に興味を持ち、それが現在につながっているため、「くじらはいいきっかけをくれた存在」と話す。亀井さんにとって、きっとくじらとの出会いは初恋のようなものなのだろう。

 

水族館で実際に触れ合ったこともある手塚さんは、くじらを語る表情もどこかやさしい

 

関門オンエアのラジオにも出演してくださった、捕鯨推進室の手塚さん。魚好きが高じて水産大学校に入り、水族館で働くという夢も叶えた。

その水族館で、ゴンドウクジラに遊んでもらっていたという手塚さん。「くじらはおかしくてかわいい生き物」と顔をほころばせつつも、「くじらは食べ物なんだという認識もある」と語る。水族館で触れ合うことでより身近になり愛着が増した半面、せっかく大事に残っている食習慣なので脈々と続いていくように、と願う気持ちもある。

「両方の気持ちがあってもいいんだと思います」と手塚さん。これこそ、究極の愛なのではないだろうか。

 

くじらの魅力について探ってきたが、三人とも口をそろえて言っていたのは、「くじらは、ロマン」という言葉。

 

くじらのポスターの前で、みなさんいい笑顔!

 

大きい存在への憧れと、未知でミステリアスな部分への好奇心。さらに、かわいくもあり愛情もあるけれど、食べるとやっぱり美味しくてその食文化をしっかり継承していきたいという気持ちもある、というその葛藤が、くじらへの愛が増す要素の一つになっているようである。

一度ハマったら抜け出せない。くじらは世界最大級の“魔性の”生き物なのかもしれない。

 

TEXT
忽那恵
関門オンエアでライティングを担当。

“くじら”という名のロマン

DATE0/0 THU
TIME ~

夢中になれるもの、憧れるものがあるって素晴らしい。そんな人を見ているだけでも「あぁ、いいなぁ」と微笑ましくなる。   ここに、【くじら】に情熱を捧げる男たちがいる。写真を見てほしい。   [caption id="attachment_206" align="aligncenter" width="300"] 下関くじら文化振興室長 岸本博士[/caption]   この笑顔。   [caption id="attachment_191" align="aligncenter" width="300"] 下関市 水産振興課 捕鯨推進室 手塚さん[/caption]   この真剣なまなざし。   [caption id="attachment_190" align="aligncenter" width="300"] 下関市 水産振興課 捕鯨推進室 亀井さん[/caption]   この楽しそうな笑顔。   これらはすべて、【くじら】について語ってもらった時の写真だ。この顔を見るだけで、彼らがどれだけくじらに愛情を持っているのかがわかるし、さらには「え、くじらってそんなに素敵な生き物なの??」と俄然、興味がわいてくる。ここまで三人を虜にするなんて、ちょっとくじらが羨ましくなってくるほどだ。 盗めるところがあるかもしれない、というちょっとした下心もありつつ、その魅力を探るべく三人に思う存分くじらについて語ってもらった。   今回お話を伺ったのは、下関市農林水産振興部水産振興課 捕鯨推進室の手塚さんと亀井さん、そして下関市観光スポーツ文化部 文化振興課 下関くじら文化振興室長の岸本さんの三人。   [caption id="attachment_207" align="aligncenter" width="300"] くじら愛について熱く語る三人[/caption]   下関市の中でも屈指のくじらエキスパート、くじら界の精鋭と言っていいほどの情報量で、どんな質問にも答えてくれた。 “近代捕鯨発祥の地”と言われる下関市。   [caption id="attachment_187" align="aligncenter" width="300"] 関見台公園にある世界最大のシロナガスクジラを模したモニュメント[/caption]   南氷洋捕鯨の基地として捕鯨船の建造や鯨肉の陸揚げ、加工などが盛んに行われて一大産業となり、【くじら】が下関市の発展を支えてきたといっても過言ではない。そうして“くじらの街”と呼ばれるようになった下関市。街の至るところにくじらのオブジェやイラストがあったりするが、最近リニューアルした壇之浦PAもその一つ。   [caption id="attachment_208" align="aligncenter" width="300"] 壇之浦PAを入るとすぐに天井から顔を出した巨大なくじらがお出迎えしてくれる[/caption]   [caption id="attachment_209" align="aligncenter" width="300"] 壇之浦PAには缶詰、カレー、大和煮など、豊富な加工品が並ぶ[/caption]   さらには加工品を中心としたくじらコーナーもあり、くじらは観光資源としてもしっかりと認識されている印象だ。 しかし、1982年に商業捕鯨が停止。31年間もの間停止されていたが、日本政府が国際捕鯨委員会(IWC)を脱退したことにより、1992年よりついに商業捕鯨が再開された。そこで“くじらの街下関”を盛り上げるため令和2年に誕生したのが『捕鯨推進室』だ。商業として確立するために消費拡大を目指し、“産業としてのくじら”を推進していくために日々奮闘している。 その活動の一つが、『下関市鯨肉消費拡大推進協議会』を発足し、くじら料理を提供する飲食店を増やす、という取り組み。鯨肉は解凍するのにコツがいるそうで、鯨肉の取り扱いの専門家を講師に招き、講習会を開くなどしている。そうやって少しでもくじら料理を提供するハードルを下げ、今年度は“加盟する飲食店100店舗”を目指している。 そんな鯨肉、そしてくじらの食文化について、もう少し掘り下げて聞いてみた。 昔はくじらを加工する拠点が下関にあったので、ハムやソーセージ、缶詰などの加工品が家に当たり前にあったという。加工品以外にも、家庭料理として醤油や野菜と合わせて南蛮煮にするなど、鯨肉は身近な食だった。お正月や節分にくじらを食べる風習は一部地域で今でも残っているそうで、「大きなものを食べて邪気を払う」という意味が込められているなど、くじらは縁起のいい食べ物でもある。 さて、せっかくなのでくじらのスペシャリストである三人におすすめの食べ方を聞いてみた。 まずは岸本さん。岸本さんはノルウェーで、日本では食べられないという“生肉”を食べたそうだ。いわゆる刺身だが、日本では完全冷凍して解凍したものしか食べられないが、ノルウェーでは気候などの関係で氷の中に埋めたまま運ぶことができる。そうすることで熟成され、「これがとんでもなくおいしかった」、とのこと。 次に手塚さん。手塚さんはバターをきかせたレアステーキがお気に入りとのこと。ごはんのおかずにもなるしビールも進む!と力説してくれた。 さいごに亀井さん。亀井さんは内臓系、特にハツをごま油でいただくのがたまらない、とのこと。流通量は少ないそうだが、新たな価値観が生まれる味だそうだ。 さすが、くじら通の三人はおすすめしてくれるくじら料理もなかなかツウ好みだが、話だけ聞いて「おいしそう」、で済ませるわけにはいかない。実際に味わってみなければ!と、下関にある唯一のくじら料理専門店【下関くじら館】さんにおじゃました。   [caption id="attachment_212" align="aligncenter" width="300"] 1977年にオープンした老舗くじら料理専門店『下関くじら館』[/caption]   まずいただいたのは『刺身・珍味盛り合わせ』。   [caption id="attachment_210" align="aligncenter" width="300"] 新鮮なくじらは色も鮮やかで美しく、一目で最上のものとわかる[/caption]   くじらのほほ肉や尾びれ部分のオバイケ、舌部分のさえずりなど。味も食感も異なる鯨の様々な部位を、余すことなく堪能できる。くじら館では、刺身醤油もポン酢もお店でブレンドしたオリジナル。くじらを最も美味しく食べられるようにすべてが考えつくされている。 そして『竜田揚げ』。   [caption id="attachment_213" align="aligncenter" width="300"] 人気メニューの“くじらの竜田揚げ”は概念が変わる美味しさ[/caption]   これがくじら!?とびっくりするほどの柔らかさ。衣のサクサク感と相まって箸が止まらない。岩塩でいただいたので、鯨肉の味をしっかりと噛みしめることができた。捕鯨推進室の三人もおっしゃっていたが、鯨肉は魚でもなく肉でもなく、“くじらの肉”としか言いようがない。くじらの美味しさは例えようがなく、一度食べてみるまで決して知ることはできないのだ。   [caption id="attachment_211" align="aligncenter" width="300"] くじらのローストはまるで牛肉のように美しい赤身[/caption]   他にもローストホイールや塩くじらなど、貴重なくじらをリーズナブルにいただくことができる。 そんな【下関くじら館】の店長・小島純子さんはくじら文化を守るために尽力している方。   [caption id="attachment_189" align="aligncenter" width="300"] とってもチャーミングな小島さん[/caption]   そのために、時間もお金も手間もかかるけれど、すべて“自家処理”にこだわっている。「絶対健康にいいことはわかっているから、子供や家族に食べさせるつもりでつくっている」と語ってくれた小島さんに、胸が熱くなる。その思いと、美味しくて食べ終わりたくない気持ちもあり、ひと口ひと口大切に味わった。   確かに、くじら料理はおいしい!この舌で実際に味わい、くじらの魅力を体感することができた。 しかしくじらの魅力はそれだけじゃない!とまだまだ語り足りない様子の三人…。三人の紹介を兼ね、ここは気の済むまでくじら愛を語ってもらおうと腹を据えた。   [caption id="attachment_193" align="aligncenter" width="300"] くじらについて熱く語っている岸本さん[/caption]   岸本博士はもともとくじらの研究をして学位も取っている方で、まさにくじらの専門家。くじら文化振興室長である岸本さんが主に行っているのは、情報発信だ。出前講座やラジオ・テレビ・新聞の連載など、去年は一年間で106回もの情報を発信した。講座の内容は、クジラの生態から“下関はなぜ近代捕鯨の発祥の地になったのか”、はたまた世界と日本の捕鯨の歴史、くじらの利用、食文化、捕鯨の現状などなど多岐にわたる。幅広い人に理解してもらう講座を心掛けているため対象者によって内容を変えており、小学生であれば30分から、大人向けは長ければ1時間半にもおよぶ充実した講座となっている。 岸本さんにとっては研究の対象であるくじら。岸本さんに言わせると、くじらはそのすべてが“特殊”なのだそう。産業の成り立ちもとても特殊で、組織、捕り方、鯨組の立ち上げ・運用、会社の立ち上げなどすべてがほかの産業と一線を画しているという。産業に限ってのことではなく、それぞれの市町ごとに食べ方に違いがあるなど、独特の食文化があるのも面白い。そして食べるだけではなく田んぼに撒いてウンカの駆除に使ったり、油もマーガリンの原料である一方で機械油やニトログリセリンの原料にも使ったりと用途が多い。 研究すればするほどいろんな側面が出てきて、歴史・文化・経済・国際情勢・法律など、対象としてみたときにとても面白く、いろいろ調べるうちにだんだんくじらにのめり込んでいったそうだ。 それでも、「まだまだ知らないことばかり」とおっしゃる岸本さん。やればやるほどわからない、まだくじらの0.01%も知らない、というから驚きだ。しかし、「それを知っていくことが面白い」と語る岸本さんの表情は生き生きとしている。なるほど、ミステリアスなところがくじらの魅力のひとつであるようだ。   [caption id="attachment_192" align="aligncenter" width="300"] くじらの話をするときは本当に楽しそうな様子の亀井さん[/caption]   捕鯨推進室の亀井さんは仕事でくじらに関わるようになって4年だそうだが、くじらへのファーストインパクトは幼少期まで遡る。 図鑑でくじらを見て、“世界で一番大きい”シロナガスクジラに心を奪われた。こんなに大きなものが海に浮かんでいるなんて、と幼心にロマンを感じたそうだ。それからはくじらのみならず魚全般に興味を持ち、それが現在につながっているため、「くじらはいいきっかけをくれた存在」と話す。亀井さんにとって、きっとくじらとの出会いは初恋のようなものなのだろう。   [caption id="attachment_214" align="aligncenter" width="300"] 水族館で実際に触れ合ったこともある手塚さんは、くじらを語る表情もどこかやさしい[/caption]   関門オンエアのラジオにも出演してくださった、捕鯨推進室の手塚さん。魚好きが高じて水産大学校に入り、水族館で働くという夢も叶えた。 その水族館で、ゴンドウクジラに遊んでもらっていたという手塚さん。「くじらはおかしくてかわいい生き物」と顔をほころばせつつも、「くじらは食べ物なんだという認識もある」と語る。水族館で触れ合うことでより身近になり愛着が増した半面、せっかく大事に残っている食習慣なので脈々と続いていくように、と願う気持ちもある。 「両方の気持ちがあってもいいんだと思います」と手塚さん。これこそ、究極の愛なのではないだろうか。   くじらの魅力について探ってきたが、三人とも口をそろえて言っていたのは、「くじらは、ロマン」という言葉。   [caption id="attachment_215" align="aligncenter" width="300"] くじらのポスターの前で、みなさんいい笑顔![/caption]   大きい存在への憧れと、未知でミステリアスな部分への好奇心。さらに、かわいくもあり愛情もあるけれど、食べるとやっぱり美味しくてその食文化をしっかり継承していきたいという気持ちもある、というその葛藤が、くじらへの愛が増す要素の一つになっているようである。 一度ハマったら抜け出せない。くじらは世界最大級の“魔性の”生き物なのかもしれない。  

TEXT [word_balloon id="4" size="M" position="L" name_position="on_balloon" radius="false" balloon="talk"]関門オンエアでライティングを担当。[/word_balloon]

関門ON AIRナビ

“くじら”という名のロマン

2021.08.25

TOP > 関門ON AIRナビ > “くじら”という名のロマン

夢中になれるもの、憧れるものがあるって素晴らしい。そんな人を見ているだけでも「あぁ、いいなぁ」と微笑ましくなる。

 

ここに、【くじら】に情熱を捧げる男たちがいる。写真を見てほしい。

 

下関くじら文化振興室長 岸本博士

 

この笑顔。

 

下関市 水産振興課 捕鯨推進室 手塚さん

 

この真剣なまなざし。

 

下関市 水産振興課 捕鯨推進室 亀井さん

 

この楽しそうな笑顔。

 

これらはすべて、【くじら】について語ってもらった時の写真だ。この顔を見るだけで、彼らがどれだけくじらに愛情を持っているのかがわかるし、さらには「え、くじらってそんなに素敵な生き物なの??」と俄然、興味がわいてくる。ここまで三人を虜にするなんて、ちょっとくじらが羨ましくなってくるほどだ。

盗めるところがあるかもしれない、というちょっとした下心もありつつ、その魅力を探るべく三人に思う存分くじらについて語ってもらった。

 

今回お話を伺ったのは、下関市農林水産振興部水産振興課 捕鯨推進室の手塚さんと亀井さん、そして下関市観光スポーツ文化部 文化振興課 下関くじら文化振興室長の岸本さんの三人。

 

くじら愛について熱く語る三人

 

下関市の中でも屈指のくじらエキスパート、くじら界の精鋭と言っていいほどの情報量で、どんな質問にも答えてくれた。

“近代捕鯨発祥の地”と言われる下関市。

 

関見台公園にある世界最大のシロナガスクジラを模したモニュメント

 

南氷洋捕鯨の基地として捕鯨船の建造や鯨肉の陸揚げ、加工などが盛んに行われて一大産業となり、【くじら】が下関市の発展を支えてきたといっても過言ではない。そうして“くじらの街”と呼ばれるようになった下関市。街の至るところにくじらのオブジェやイラストがあったりするが、最近リニューアルした壇之浦PAもその一つ。

 

壇之浦PAを入るとすぐに天井から顔を出した巨大なくじらがお出迎えしてくれる

 

壇之浦PAには缶詰、カレー、大和煮など、豊富な加工品が並ぶ

 

さらには加工品を中心としたくじらコーナーもあり、くじらは観光資源としてもしっかりと認識されている印象だ。

しかし、1982年に商業捕鯨が停止。31年間もの間停止されていたが、日本政府が国際捕鯨委員会(IWC)を脱退したことにより、1992年よりついに商業捕鯨が再開された。そこで“くじらの街下関”を盛り上げるため令和2年に誕生したのが『捕鯨推進室』だ。商業として確立するために消費拡大を目指し、“産業としてのくじら”を推進していくために日々奮闘している。

その活動の一つが、『下関市鯨肉消費拡大推進協議会』を発足し、くじら料理を提供する飲食店を増やす、という取り組み。鯨肉は解凍するのにコツがいるそうで、鯨肉の取り扱いの専門家を講師に招き、講習会を開くなどしている。そうやって少しでもくじら料理を提供するハードルを下げ、今年度は“加盟する飲食店100店舗”を目指している。

そんな鯨肉、そしてくじらの食文化について、もう少し掘り下げて聞いてみた。

昔はくじらを加工する拠点が下関にあったので、ハムやソーセージ、缶詰などの加工品が家に当たり前にあったという。加工品以外にも、家庭料理として醤油や野菜と合わせて南蛮煮にするなど、鯨肉は身近な食だった。お正月や節分にくじらを食べる風習は一部地域で今でも残っているそうで、「大きなものを食べて邪気を払う」という意味が込められているなど、くじらは縁起のいい食べ物でもある。

さて、せっかくなのでくじらのスペシャリストである三人におすすめの食べ方を聞いてみた。
まずは岸本さん。岸本さんはノルウェーで、日本では食べられないという“生肉”を食べたそうだ。いわゆる刺身だが、日本では完全冷凍して解凍したものしか食べられないが、ノルウェーでは気候などの関係で氷の中に埋めたまま運ぶことができる。そうすることで熟成され、「これがとんでもなくおいしかった」、とのこと。
次に手塚さん。手塚さんはバターをきかせたレアステーキがお気に入りとのこと。ごはんのおかずにもなるしビールも進む!と力説してくれた。
さいごに亀井さん。亀井さんは内臓系、特にハツをごま油でいただくのがたまらない、とのこと。流通量は少ないそうだが、新たな価値観が生まれる味だそうだ。

さすが、くじら通の三人はおすすめしてくれるくじら料理もなかなかツウ好みだが、話だけ聞いて「おいしそう」、で済ませるわけにはいかない。実際に味わってみなければ!と、下関にある唯一のくじら料理専門店【下関くじら館】さんにおじゃました。

 

1977年にオープンした老舗くじら料理専門店『下関くじら館』

 

まずいただいたのは『刺身・珍味盛り合わせ』。

 

新鮮なくじらは色も鮮やかで美しく、一目で最上のものとわかる

 

くじらのほほ肉や尾びれ部分のオバイケ、舌部分のさえずりなど。味も食感も異なる鯨の様々な部位を、余すことなく堪能できる。くじら館では、刺身醤油もポン酢もお店でブレンドしたオリジナル。くじらを最も美味しく食べられるようにすべてが考えつくされている。

そして『竜田揚げ』。

 

人気メニューの“くじらの竜田揚げ”は概念が変わる美味しさ

 

これがくじら!?とびっくりするほどの柔らかさ。衣のサクサク感と相まって箸が止まらない。岩塩でいただいたので、鯨肉の味をしっかりと噛みしめることができた。捕鯨推進室の三人もおっしゃっていたが、鯨肉は魚でもなく肉でもなく、“くじらの肉”としか言いようがない。くじらの美味しさは例えようがなく、一度食べてみるまで決して知ることはできないのだ。

 

くじらのローストはまるで牛肉のように美しい赤身

 

他にもローストホイールや塩くじらなど、貴重なくじらをリーズナブルにいただくことができる。

そんな【下関くじら館】の店長・小島純子さんはくじら文化を守るために尽力している方。

 

とってもチャーミングな小島さん

 

そのために、時間もお金も手間もかかるけれど、すべて“自家処理”にこだわっている。「絶対健康にいいことはわかっているから、子供や家族に食べさせるつもりでつくっている」と語ってくれた小島さんに、胸が熱くなる。その思いと、美味しくて食べ終わりたくない気持ちもあり、ひと口ひと口大切に味わった。

 

確かに、くじら料理はおいしい!この舌で実際に味わい、くじらの魅力を体感することができた。

しかしくじらの魅力はそれだけじゃない!とまだまだ語り足りない様子の三人…。三人の紹介を兼ね、ここは気の済むまでくじら愛を語ってもらおうと腹を据えた。

 

くじらについて熱く語っている岸本さん

 

岸本博士はもともとくじらの研究をして学位も取っている方で、まさにくじらの専門家。くじら文化振興室長である岸本さんが主に行っているのは、情報発信だ。出前講座やラジオ・テレビ・新聞の連載など、去年は一年間で106回もの情報を発信した。講座の内容は、クジラの生態から“下関はなぜ近代捕鯨の発祥の地になったのか”、はたまた世界と日本の捕鯨の歴史、くじらの利用、食文化、捕鯨の現状などなど多岐にわたる。幅広い人に理解してもらう講座を心掛けているため対象者によって内容を変えており、小学生であれば30分から、大人向けは長ければ1時間半にもおよぶ充実した講座となっている。

岸本さんにとっては研究の対象であるくじら。岸本さんに言わせると、くじらはそのすべてが“特殊”なのだそう。産業の成り立ちもとても特殊で、組織、捕り方、鯨組の立ち上げ・運用、会社の立ち上げなどすべてがほかの産業と一線を画しているという。産業に限ってのことではなく、それぞれの市町ごとに食べ方に違いがあるなど、独特の食文化があるのも面白い。そして食べるだけではなく田んぼに撒いてウンカの駆除に使ったり、油もマーガリンの原料である一方で機械油やニトログリセリンの原料にも使ったりと用途が多い。
研究すればするほどいろんな側面が出てきて、歴史・文化・経済・国際情勢・法律など、対象としてみたときにとても面白く、いろいろ調べるうちにだんだんくじらにのめり込んでいったそうだ。
それでも、「まだまだ知らないことばかり」とおっしゃる岸本さん。やればやるほどわからない、まだくじらの0.01%も知らない、というから驚きだ。しかし、「それを知っていくことが面白い」と語る岸本さんの表情は生き生きとしている。なるほど、ミステリアスなところがくじらの魅力のひとつであるようだ。

 

くじらの話をするときは本当に楽しそうな様子の亀井さん

 

捕鯨推進室の亀井さんは仕事でくじらに関わるようになって4年だそうだが、くじらへのファーストインパクトは幼少期まで遡る。
図鑑でくじらを見て、“世界で一番大きい”シロナガスクジラに心を奪われた。こんなに大きなものが海に浮かんでいるなんて、と幼心にロマンを感じたそうだ。それからはくじらのみならず魚全般に興味を持ち、それが現在につながっているため、「くじらはいいきっかけをくれた存在」と話す。亀井さんにとって、きっとくじらとの出会いは初恋のようなものなのだろう。

 

水族館で実際に触れ合ったこともある手塚さんは、くじらを語る表情もどこかやさしい

 

関門オンエアのラジオにも出演してくださった、捕鯨推進室の手塚さん。魚好きが高じて水産大学校に入り、水族館で働くという夢も叶えた。

その水族館で、ゴンドウクジラに遊んでもらっていたという手塚さん。「くじらはおかしくてかわいい生き物」と顔をほころばせつつも、「くじらは食べ物なんだという認識もある」と語る。水族館で触れ合うことでより身近になり愛着が増した半面、せっかく大事に残っている食習慣なので脈々と続いていくように、と願う気持ちもある。

「両方の気持ちがあってもいいんだと思います」と手塚さん。これこそ、究極の愛なのではないだろうか。

 

くじらの魅力について探ってきたが、三人とも口をそろえて言っていたのは、「くじらは、ロマン」という言葉。

 

くじらのポスターの前で、みなさんいい笑顔!

 

大きい存在への憧れと、未知でミステリアスな部分への好奇心。さらに、かわいくもあり愛情もあるけれど、食べるとやっぱり美味しくてその食文化をしっかり継承していきたいという気持ちもある、というその葛藤が、くじらへの愛が増す要素の一つになっているようである。

一度ハマったら抜け出せない。くじらは世界最大級の“魔性の”生き物なのかもしれない。

 

TEXT
忽那恵
関門オンエアでライティングを担当。

#下関市

関門ON AIRナビ

#

過去のON AIR

#

【日本遺産】若松編オープニングトーク
【日本遺産】シリーズ、今回から『若松編』に突入します!
明治以降、門司港の後方支援の港として機能していた若松港。
実は若松港と門司港は景色が似ているなど、深く関係しているんです🧐
そして若松編でも、かっこいい偉人がたくさん登場するようですよ😍
【祝】関門ONAIR開局1周年記念トーク!前編
ついに迎えた関門オンエア一周年👏👏👏
 
当日は壇之浦パーキングエリアからノッポさん、濱野局長、菊池Pの三人が生配信しました📻
その様子を、voicyでもお届け📢
リアルタイムで見れなかった方はぜひこちらをお聴きください😊
 
三人の、関門海峡にまつわる思い出とは
『ノッポさんと菊池Pの井戸端ONAIR』日本遺産下関編
日本遺産【関門“ノスタルジック”海峡】を語るシリーズで秋田寅之助について熱く語ってきた下関編をふりかえり!
秋田寅之助の足取りを辿る
秋田寅之助の教えを守って、寝ずに働いて30社経営する
ノッポさんと菊池Pを心酔させた秋田寅之助について二人が熱く語ります🔥
【日本遺産Ⅳ】知られぬ偉人「秋田寅之介」とは何者?後編
日本遺産【関門“ノスタルジック”海峡】を語るシリーズ、下関編の後編!
前編・中編と、チャーミングで人を惹きつける不思議な魅力を持つ秋田寅之助さんについて深掘りしてきましたが、ついに締めくくり
菊池Pが映画化を望むほど惚れ込んだ寅之助の魅力を総まとめします🤭
夜景遺産とは?北九州市が日本三大夜景都市1位に認定!?後編
2022年に日本新三大夜景都市第1位に選ばれた北九州市🌃
北九州市の夜景を代表する皿倉山を実際に訪れ、その美しさをノッポさんがレポートします🎤
『100億ドルの夜景』とも称される皿倉山の夜景、この放送を聴けば、きっとみなさまにも輝く景色が目に浮かぶはず・・・?
ABDCEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ